星 マリア先生のご紹介

星 マリア先生について

星 マリア先生

年齢 1960年生まれ
占術 霊感タロット、四柱推命、気学、ルーン
鑑定料金 1分間250円

先生からのメッセージ

皆、人を愛し、そして、誰もが幸せになりたいのです。一人で悩むのはやめましょう。そして二人であなたの幸せを探しましょう。

先生からのお知らせ

悩み、傷ついているあなた。気軽に電話いただけたらと思います。

将来の不安、進路、方向性に迷っているあなた、切っ掛けやヒントは意外にも離れた第三者が握っているものです。 なぜならば、あなたとの間の関係性が、占い料金のみだからなんです。

私は皆様に接するとき常に、心にブレのない状態です。

私にはなにも隠さないで下さい。

私にはどんな罪も、恥も、過ちも、話してください。

楽になりますよ。そして、未来が今よりもましになる、はずです。

もう少し云うならば、心の浄化に繋がるでしょう。

私との出会いにより、生きることの意味を見つけだしてくださることが、私にとって何よりの幸せなんです。

どうか、他人を恨まないでください。

人を出し抜いたり、落とし込めたりしようと思わないでください。

すぐに、損したと云わないでください。

心の安定をコントロールできたとき、あなたは初めて、人類創世成し遂げた神に、真の意味で生きることを許されるのです。

弱者を助けなさい。

心の貧しい人も認めてあげなさい。

そして、笑顔と親切を忘れないでください。

私が、方向性を探る、手助けします。

一歩、踏み出してみましょう。

詳細プロフィール

私は、瀬戸内海の小島で育ちました。
 
ここには私の親戚家族だけではなく、惜しげなく降り注ぐ太陽、それにミネラル分豊富な美しい海がありました。島という小宇宙の中では輪廻転生を身近に感じることができます。それは常に地球の息吹に抱かれているような安心感とでも申しましょうか。
 
私は幸せでした。それは子供だったということかも知れません。島では誰もが純情でした。そんな私も、物心つき目指す将来のために、上京することになったんです。
 
幸い仕事仲間や友人にも恵まれ、希望の方向性へと順調に向かっていました。私は東京生活を謳歌して、ちょっと有頂天になっていました。そして家族や島のことも遠くに置き去りにしていたんです。
 
そう、あれは成人式を終えて、数ヶ月たった頃かしら。ある朝、起きると両目が開かないんです。実際には開いた両目が、周りの風景を認識しない。まるで濃霧の中へ迷い込んだように。
 
医師は非情にも、国が難病指定しているある病名を私に告げました。それから専門病院に廻されました。
 
専門医の心ある治療により、なんとか失明は免れたものの、片目の視力はほとんど戻りませんでした。
そして私は傷心のまま、故郷の小島へと帰りました。
 
そこには霧のように、ぼやっとした視力の中に、懐かしくも何も変わることのない、風景が広がっていました。
家族、太陽、海を抱く、その小島は傷ついた私の心を癒してくれました。
砂浜に立って、大きく深呼吸すると甘く塩っぱいような空気が鼻から口からいっぱいになり、私の傷ついた目から涙が溢れました。見えない瞳からも涙は溢れるのです。
 
都会での生活により蝕まれた身体が、嘘のように浄化されました。一ヶ月もすると、弱い視力のある片側の目に頼りながら、海で遊びまわっていました。
 
これを読んでいる皆様も、是非、試してみてください。季節は問いません。でもお天気の日がいいわね。
 
一人っきりで、自宅から一番近い、砂浜のある海に行ってみるのです。靴を脱ぎ、素足で砂浜に立ってみてください。目を閉じ、深呼吸してみてください。
 
そう、この感覚です。
 
ある人は子供時代を思い出すかもしれません。またある人は、亡くなった祖先を思い出すかもしれません。
 
塩の香りは懐かしい感じ。 
しばらく、忘れていた感覚ではありませんか?あなたは、更に波打ち際まで進み、海水に触れてみる。足首まで海に浸かってみる。
 
どうですか?
 
また海が近しい方々は身体で感じているはずです。

話はプロフィールから脱線しましたが、こんなふうにして、地球の波動を知るのです。そして、海から帰路につく頃には、問題は小さなことだったと知るのです。
 
問題は総て自分の中にあるのです。視野がいつしか狭まっていたのです。
 
こんな風に、私の後ろにはいつでも心の海がありました。今でも、たまに行っては、大地の波動を吸収して、皆様を心の解放へと導くためのエネルギーとしているんです。
 
話を元に戻しますね。
 
島での生活は、エネルギー吸収するだけではなく、私の目が悪くなった分を補うかのような、不思議な研ぎ澄まされた感、とでも申しましょうか、第二の目であるかのような役目、としての感覚が芽生えてきたのです。
 
この感覚をもっとわかりやすく、形にするための手段が、私にとっての占いなんです。私は無心になることにより、皆様方の悩みや問題事を、何の先入観もない状態で受け入れ、皆様方の方向性を示唆する、羅針盤のような役目をします。
 
言い換えるなら、海が私だとするなら、皆様方はその海に浮かぶ小舟。
こんな気持ちで誠心誠意、占っています。
 
どんな人でも体内に羅針盤を備えているんです。しかし、極端にショックを受けたり、大きな事故などにより壊れてしまうんですね。
 
私はそんな皆様方の縛られた心を解き放つための大海でありたい。いつもそう思っているんです。
 
傷ついているあなた、大きな問題を抱えたあなた、原点を常に思い出すことを忘れないでください。
 
私が心の解放をお手伝いします。ぜひ、お電話ください。

初回鑑定特典